血液をサラサラにするメリット

banner

血液サラサラクリーニング*老化防止

banner 20代女子にも注目されているのが
「血液クレンジング療法」または「オゾン療法」と
呼ばれる、血液をサラサラにする施術になります。

これはヨーロッパで主に行われている療法で
100〜200㏄の血液を抜いて、そこにオゾンガスを混合し
オゾン化した血液を体の中に戻してクリーニングするという療法になります。

エリザベス女王の母、クイーンマムは週に2回この療法を受けて
大きな病気をすることなく、長生きをしたと言われており
老化防止になるとして注目されています。

クイーン・マムとは?どんな功績がある?

クイーン・マムとはエリザベス・アンジェラ・マーガレット・ボーズ=ライアン、
すなわち2002年に没したエリザベス皇太后を指しています。

この名は皇太后の長女であるエリザベス2世と間違えないように名付けられた
新たな称号で、同じく王母を意味するクイーン・マザーとも呼ばれいたようです。

新たな称号が採用された時代は、皇太后の夫であるジョージ6世が
息を引き取って間もない頃、1950年代となります。

通常は未亡人になった王妃はそのまま王妃と呼ばれますが、先述した理由から
クイーン・マムと呼ばれるようになった彼女は、当初隠居生活をしていましたが
当時の首相であるチャーチルの説得によって公務に復帰しています。

以降は式典の参列や外遊、各種の行事に参加していますが、
それ以前の公務として挙げられえる功績は反ファシズムの象徴であった事です。

第二次世界大戦中、アドルフ・ヒトラーが「ヨーロッパで最も危険な女性」と
評価するほど、イギリス全土の士気を支えていました。

具体的にはロンドンが空襲に晒されても避難せず、国民からゴミを投げつけられても
爆撃の標的となった場所の慰問を行った事です。

慰問の反感は訪れた際に高級な服を身にまとっていた事によるものですが、
後にノーマン・ハートネルによって解決しています。

また、チャーチルが首相になれたのは、皇太后の支援が大きいです。
賛否両論はあるものの、国民からの人気が高い皇太后の姿は
映画「英国王のスピーチ」や「ロイヤル・ナイト」で描かれています。

幅広い世代に効果が期待できる血液クレンジング

美容皮膚科などの美容を専門としたクリニックなどで、施術を受けることができます。

血は全身の細胞へ栄養や酸素を運ぶ働きがあります。
しかし、不規則な生活や栄養バランスの悪い食事、ストレス、
体調不良などによって血行の流れは悪くなります。

血行の流れが悪くなると十分な栄養や酸素が細胞に運ぶことができなくなり、
免疫力が衰えたり、体調が悪くなる、肌のターンオーバーも乱れることで
肌トラブルが起きやすい状態になります。

老化

それだけではなく、放っておくと脳梗塞や心筋梗塞、癌などのリスクも高まります。

オゾン療法を行うことによって、血行の流れの悪さを解消されることができ、
それに合わせて細胞も活性化されることで、アンチエイジング効果も期待できます。

オゾンは3つの酸素原子が結合した物質のため酸化作用があります。
酸化した血を体に戻すことで、抗酸化作用を高めることができます。

また、女性ホルモンを刺激する作用もあるため、肌のありが良くなったり
美髪効果なども得られます。

また、更年期障害などからくる頭痛や倦怠感などが解消されるケースもあります。

アンチエイジングというと若い女性関係ないと思いがちですが
血行が良くなるということは体を温めることにもつながります。

温まる

冷え性がひどい20代女子にも効果がある施術で、行うことによって
体がポカポカするようになります。

体が温めればダイエットなどもしやすくなるなどのメリットも考えられます。

Copyright(c) 2018 flewry blood. All Rights Reserved.